台東区で家具、家電、オフィス用品、不用品回収をご検討の方へ

不用品回収 台東区

即日対応OK!! お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで8時から20時までお待ちしております。メール受付は24時間、翌日お電話致します!

価格には自信があります!お問合せ下さい!

台東区営の粗大ごみ処理と比べて下さい!不用品回収なら片付けレスキュー隊! 法人,個人,格安にて不用品を処分しております! 家電,家具,オフィス家具など!

安さの秘密公開中!

個人のお客様

法人のお客様

お見積り

台東区のごみについて

台東区には、清掃工場等がないためごみの処理にかかる費用がごみ1kgに対しおよそ65円ほどになるそうです。 清掃工場が遠方に所在している場合は、そこまでの収集運搬費用などがかかるため年間の処理費用を下げるためには、排出量を減少することがもっとも有効であると考えられます。 ゴミ排出量の削減のメリットは、もちろんコストカットだけではありません。 ゴミを大量に出すということは、大量にものを燃やし二酸化炭素を発生させ、地球環境にも悪影響を及ぼすということです。 環境問題が騒がれる昨今ですが、ゴミの排出量を減らすというこということは地球環境の悪化を食い止めるということにもつがります。 ゴミ処理のコストカットと美しい未来の地球のためにも、不要になったり壊れたらすぐに捨てるのではなくリサイクルや必要としている人に譲ることを考えてみてはいかがでしょうか。

台東区の粗大ごみについて

台東区で粗大ゴミとして、収集されるものはおおむね1辺の長さが30cmを超える大きなゴミです。 主に、ソファーやタンスなどの家具やベッド、布団などの寝具類等を粗大ゴミとして分類します。 粗大ゴミの回収を区に依頼する場合は、必ず有料ゴミ処理券の貼付が必要となります。 処理券の価格は、粗大ごみの大きさや種類によって異なります。 専門業者や、リサイクル業者でないと回収できないものもあります。 エアコン、テレビなど生活家電もこれに含まれます。

作業の流れ

まずはお電話でお問合せ。作業の内容を打ち合わせして時間を決めたらあとは片付け作業員にお任せ下さい!

新着情報 お知らせ・最新ニュース

  台東区震災時に粗大ゴミからくる被害

日本全国の不用品回収&粗大ゴミ、お引越し、お掃除全てお任せください

家電無料処分もいたします。詳しくは料金表ページをご覧ください

台東区について

隅田川に接する台東区、公園や緑地地域も多く自然環境に恵まれています。 東京で最も古い市街地のひとつです。 浅草、上野など下町の街並や雰囲気が残る地区が多く人情のあふれる街でもあります。 近年では(財)古都保存財団が選定する「美しい日本の歴史的風土100選」において次世代に残す美しい日本の歴史的風土が、良好に保存されている全国の事例の一つとして寛永寺・上野公園周辺、谷中の街並みが選ばれました。 東京国立博物館表慶館や東京国立博物館など国の重要文化財が多い区です。 浅草は、日本の歴史を感じれる場所として外国人にも人気が高く、旅行者はもちろん外国人居住者が初詣で訪れることも多いです。 意外なものでは河童橋道具街にある食品サンプルのラーメンやすしなどをお土産として買い求める、外人観光客が多いそうです。

台東区の上野公園

東京都台東区上野公園の上野恩賜公園内に上野動物園があります。 上野駅からは、徒歩5分ほどのところに位置しています。 一番都心から近い大型の動物園として知られています。 1972年にジャイアントパンダの「カンカン」と「ランラン」が、日中国交正常化を記念して、中国政府から贈られ来園した際には、パンダブームを巻き起こし多くの国民を熱狂させた。 「幻の動物」といわれ、大変な人気を博し、パンダ目当てに来場する観客が絶えなかった。 大変な混雑により、飼育所の前に立ち止まることは禁止されていたため30秒も眺めることができないほどの状態だったそうです。 これにより、上野動物園のメインキャラクターとしてパンダが使用され、動物園のお土産や上野駅で販売されるお菓子などにパンダをモチーフにしたものが多くみられます。

浅草駅の名所

東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線「浅草駅」より徒歩7分ほどのところに「三社さま」として親しまれている浅草神社があります。 「三社さま」と呼ばれるのは、三人の神様をお祭りしたことに由来しているといわれています。 浅草寺の草創に関わった土師真中知(はじのまなかち)、檜前浜成(ひのくまはまなり)・武成(たけなり)を主祭神とし、東照宮(徳川家康)・大国主命を合祀する。檜前浜成・武成の他のもう一柱の主祭神については諸説あったが、現在では土師真中知であるとしています。 5月17,18日に近い金、土、日の3日間で三社祭が、斎行されています。 初日の金曜日は、お囃子屋台・金棒・鳶頭木遣り・総代・各町役員・びんざさら舞・芸妓連の手古舞・組おどり・白鷺の舞・屋台で編成された「大行列」が浅草の町を歩きます。また、浅草神社の社殿と神楽殿で、東京都無形文化財に指定されている「びんざさら舞」の奉納が行われます。 中日の土曜日には、「例大祭式典」のあと、正午より「町内神輿連合渡御」が行われます。浅草氏子四十四ヶ町の町内神輿約100基が浅草寺裏広場に参集、一基ずつ発進し、浅草神社でお祓いを受けた上で各町会に渡御します。 最終日の日曜日は、朝6時に浅草神社の本社御輿三基が神社境内から発進する「宮出し」から始まります。その後、本社御輿が各町会を渡御する「本社神輿各町渡御」を経て、夕刻に浅草神社へ戻る「宮入り」となります。

台東区の雷門ってこんなところ

浅草駅から少しあるいたところに、雷門で知られる「浅草寺」があります。 東京都内に所在する寺のなかでは、浅草寺は最古のものとされています。 観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」または「浅草の観音様」と通称されています。 日本の有名スポットとし海外の多くの旅行誌や観光のコースなどに組み込まれているため、多くの外国人観光客が訪れています。 雷門と書かれた赤い、大きな提灯が印象的で旅の思い出の写真を残すものも多い雷門。 門の両脇には、風神・雷神像が祭られています。 このため、雷門は本来「風雷神門」と呼ばれていたが、いつの間にか「雷門」と呼ばれるようになりました。 雷門から宝蔵門に至る表参道は「仲見世」と呼ばれ、土産物や人形焼、昔ながらの手焼きせんべいなどを販売するお菓子屋さんなどが軒並みをそろえています。 東側には54店、西側には35点ほどの商店があります。 お土産屋さんではこうした外国人観光客向けに、値札や商品説明などを英語で掲示したり多少の英語であれば対応できるようにしています。

携帯からでもOK!FAXは24時間受付、1点からでもお気軽にご相談ください