墨田区で家具、家電、オフィス用品、不用品回収をご検討の方へ

不用品回収 墨田区

即日対応OK!! お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで8時から20時までお待ちしております。メール受付は24時間、翌日お電話致します!

価格には自信があります!お問合せ下さい!

墨田区営の粗大ごみ処理と比べて下さい!不用品回収なら片付けレスキュー隊! 法人,個人,格安にて不用品を処分しております! 家電,家具,オフィス家具など!

安さの秘密公開中!

個人のお客様

法人のお客様

お見積り

墨田区のごみについて

墨田区には清掃工場があります。 墨田清掃工場で、焼却などの際に生じた熱を利用し、すみだ健康ハウスを営んでいます。 他にも、区営のスポーツ健康センターのプールなどにも利用されています。 墨田区は、リサイクル活動も意欲的にPRしています。 リサイクル清掃事業に関する情報紙「いちにのさん」を年数回発行しています。 情報誌には、リサイクル方法や意外と知られていない分別方法など、細かな内容が紹介されています。 生ゴミ堆肥のつくり方やフリーマーケットの案内などもしています。 墨田区で排出される可燃ごみのうち、約4割が生ゴミです。 このため、生ごみ減量の必要性や正しい知識、また、生ごみ減量のヒントやリサイクルの方法などを掲載した、小冊子を配布し、削減と意識の向上を試みています。

墨田区の粗大ごみについて

墨田区では、粗大ゴミの持ち込み受け付けは週に1度日曜日のみと限定されています。 持ち込みの可否は区によってばらつきがあるようですので、ご確認のうえ持ち込む必要があります。 墨田区では、電話またはインターネットでの事前の予約が必須となります。 回収の日時が決定したら、墨田区指定の有料粗大ごみ処理券を購入、貼付し、予約日に出します。 粗大ゴミ以外の生活排出ごみは、可燃週2回、不燃月2回、資源週1回で無料で収集されます。

作業の流れ

まずはお電話でお問合せ。作業の内容を打ち合わせして時間を決めたらあとは片付け作業員にお任せ下さい!

新着情報 お知らせ・最新ニュース

  墨田区にお住まいの方の声

日本全国の不用品回収&粗大ゴミ、お引越し、お掃除全てお任せください

家電無料処分もいたします。詳しくは料金表ページをご覧ください

墨田区について

落語などに多用され有名になった「おいてけ堀」など本所七不思議の舞台でもしられる墨田区。 今では押上・業平橋地区には、世界位置の高さを誇る地上デジタル放送用タワー、東京スカイツリーが注目を集める全国的に有名な区でもあります。 東京スカイツリーの横を流れる、墨田区の地名の由来ともなっている隅田川は、水の郷百選に選定されています。 東京スカイツリーは、新たな東京の新名所とし国内からの観光者はもちろん海外からの旅行客にも大変人気があります。 毎年、墨田川(浅草、向島周辺)で開催される花火大会も東京湾大華火祭や神宮外苑花火大会とともに東京三大花火大会の一つに数えられたくさんの来場者で賑やいでいます。 開催日には、墨田川に多くの屋形船が浮かび、その景色だけでも日本の歴史と情緒を感じさせてくれます。

墨田区の東京スカイツリー

東京タワーに代わる新しい電波塔として誕生した「東京スカイツリー」。 スカイツリーのふもとには「東京ソラマチ」と称した、大型の商業施設があります。 ファションや雑貨などを扱うショッピングエリアと話題のスイーツやフードが楽しめるエリアなどがあり多くの人でにぎわっています。 お台場ダイバーシティでも話題になっていた、カルビのお菓子ができたての状態で味わえるカルビープラスなどもあり、大人から子供まで幅広く楽しめます。 また、ショッピングフロア上階には、海外からの旅行者に日本の文化と日本職人の素晴らしさを伝えるための特設会場が用意されており、工芸品の数々が展示販売されている。 またスカイツリーでしか購入できない限定商品を扱うショップや、人気キャラクターハローキティなどとのコラボ商品などを販売する店舗も観光客からは人気が高いスポットとなっています。 東京スカイツリーイーストタワーと称し、オフィス専用のフロアも設置されています。

隅田川花火大会

毎年、七月の最終土曜日に開催され、学生のころは夏休みの始まりを感じた隅田川花火大会。 東京湾大華火祭や神宮外苑花火大会とともに東京三大花火大会の一つに数えられています。 毎年、花火大会の様子はテレビ東京がテレビで放送しています。 ヘリコプターからの映像や、屋形船からリポーターとともに花火を眺めるシーンなどいろいろな視点から花火を楽しむことができ、来場しているときは少し違った楽しみ方ができます。 花火大会当日には、毎年約90万人もの人が来場します。 このため当日は会場周辺に大幅な交通規制が敷かれます。首都高速6号向島線は夕方から21時ごろまで全面通行止めになり、周辺道路も通行止めや一方通行になったりします。東京地下鉄銀座線、東武伊勢崎線等は臨時列車が運行されることがあり、都営地下鉄浅草線はエアポート快特がアクセス特急に種別を変更します。 なお、橋の上は混雑を避けるため立ち止まり禁止かつ一方通行となります。

墨田区両国ってこんなところ

両国橋(りょうごくばし)は隅田川にかかる橋で、国道14号(靖国通り・京葉道路)を通します。 両国橋は江戸時代に架橋され、当初幕府には大橋と名付けられたが「両国橋」と通称されました。両国橋は、台東区と墨田区をつなぐ言問橋、大阪市の大川にかけられた天満橋とともに、「三大ゲルバー橋」とよばれ、技術的にも当時の最先端でありました。 両国とは、墨田区の町名ですが「両国駅」周辺の一帯を示す場合もあります。 両国には、日本の国技でもある相撲の興行のための施設「両国国技館」があります。 このため、両国には古くから続く「ちゃんこ鍋」の名店が多く軒を連ねています。 相撲観戦を楽しんだあとに、周辺のちゃんこ鍋屋さんでちゃんこを食べながら、今日の相撲のことを熱く語りあう昔ながらの日本の風景を楽しむことのできる場所です。 近年、ちゃんこ鍋がヘルシー料理とし健康にも良く美味しいということで注目され、多くのちゃんこ鍋屋を巡り食べ比べをする人もいるそうです。

携帯からでもOK!FAXは24時間受付、1点からでもお気軽にご相談ください