渋谷区で家具、家電、オフィス用品、不用品回収をご検討の方へ

不用品回収 渋谷区

即日対応OK!! お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで8時から20時までお待ちしております。メール受付は24時間、翌日お電話致します!

価格には自信があります!お問合せ下さい!

渋谷区営の粗大ごみ処理と比べて下さい!不用品回収なら片付けレスキュー隊! 法人,個人,格安にて不用品を処分しております! 家電,家具,オフィス家具など!

安さの秘密公開中!

個人のお客様

法人のお客様

お見積り

渋谷区のごみについて

渋谷区のごみの75.8%が事業系から排出されるごみです。 事業系ごみとは、事業活動に伴って生じたゴミで収集は有料です。 渋谷駅など多くの繁華街が所在するため、8割近くと多い割合が占めています。 事業者自信での処理を促進するための施策や、リサイクルを促すような施策を計画しています。 また、飲食店などが多く集まりカラス被害が多いため、カラス防止のネットが無料で貸し出されています。 飲食店にも残飯がすくなくなるようなメニューの作成などの協力を求めています。 家庭から排出されるごみは、可燃ゴミ週2回、不燃ゴミ月2回、資源ゴミ週1回で無料で回収されます。 多量の場合は有料になることもあります。 エアコン、テレビ、冷蔵庫の家電の回収は区では対応していないためリサイクルを推奨しています。

渋谷区の粗大ごみについて

家庭からでる家具などの概ね30cm角 以上のものは、粗大ゴミに分類されます。 粗大ゴミの回収、処理は有料となります。 渋谷区では、まだ使えるもの、多少手を加えれば再利用できるものであればリサイクルを勧めています。 リサイクルでも回収の手数料などがかかる場合もありますが、処分と大差ない手数料であれば、処理してしまうよりも再利用された方が地球環境の保全へもつながります。 このため、リサイクル専門業者への回収依頼を推奨しています。

渋谷区の不用品回収

業界最安値の半額なんてことも!その不用品、買い取りしてもらえるチャンスを逃していませんか!?

渋谷区役所では、以下の品物については、持ち込みによる処分も粗大ごみ収集の受付もできません。

以下のものは、家電リサイクル法の対象となるため、製造業者にリサイクルが義務づけられています。
渋谷区で収集を行っておりませんので、片付けレスキュー隊へお申し込みください。
・エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機、パソコン
・産業廃棄物

作業の流れ

まずはお電話でお問合せ。作業の内容を打ち合わせして時間を決めたらあとは片付け作業員にお任せ下さい!

新着情報 お知らせ・最新ニュース

  渋谷区の皆様へ

日本全国の不用品回収&粗大ゴミ、お引越し、お掃除全てお任せください

家電無料処分もいたします。詳しくは料金表ページをご覧ください

渋谷区について

渋谷駅周辺は東急グループや西武百貨店を始め旧セゾングループの拠点であり、商業活動が盛んです。 渋谷駅ハチ公口側に百貨店やファッション専門店、飲食店、カフェ、遊戯施設や風俗施設などが密集しており、渋谷公園通り、センター街、道玄坂、スペイン坂、パルコ、SHIBUYA 109などの定番スポットも多くあります。 渋谷駅の1日の利用者数は、新宿、池袋についで多く40万以上にもなります。 神宮前、表参道周辺はアパレルショップや美容室が多く立ち並び、ファッションの町として多くの若者や観光客が訪れます。 恵比寿、代官山もファッションタウンとして栄えています。 渋谷周辺とは、雰囲気が若干ことなり恵比寿に関しては近年オフィスビルが増えてきています。 そのため、日中はビジネスマンで賑わっています。

恵比寿ガーデンプレイスについて

JR恵比寿駅には、デパート、オフィス、レストラン、集合住宅などのさまざまな施設を含む複合施設「恵比寿ガーデンプレイス」があります。 ビル内には、サッポロビールの本社も所在しています。 また、サッポロビールの主力ブランドでもあるヱビスビール記念館もあり、記念館内を見学することもできます。 ヱビスビールの歴史や楽しみ方、様々なビールの試飲などを楽しめ、記念館でしか手に入らないレアなグッズを販売しているミュージアムショップなどもあります。 恵比寿駅のホームには、これにちなみ恵比寿ビールをモチーフにしたライトが設置されています。 恵比寿駅の発車メロディとして、全ホームで「ヱビスビール」のCM曲となっている映画『第三の男』のテーマ曲が採用されています。 恵比寿駅周辺には、おしゃれな飲食店も多くヱビスビールをハーフ&ハーフなど通な飲み方で提供する店舗もあるそうです。

渋谷駅の利便性

1日に300万人近くの人が利用すると言われている渋谷駅。 JR東日本の各線(後述)、東急の各線(後述)、東京メトロの各線(後述)、および京王の井の頭線という4社の路線が乗り入れるターミナル駅であり、JR以外の各線はすべて当駅を起点・終点としています。 朝の通勤ラッシュ時や帰宅ラッシュ時に、大変な混雑をしていたため、改善を求める声が多かった。 また、東急と東京メトロの直通運転に伴って2013年に、東横線のホームの地下化が実行された。 地上2階に位置していた東横線は、地下5階へと移り、乗降客の流れが急変しました。 地上に駅が所在するJR線や銀座線からの乗り換えが不便になったと一部では、不満の声も上がっているようです。 しかし、東急線と東京メトロが直通したことにより、各線から渋谷までのアクセスが便利になり、渋谷駅利用者数の増加と都心から地方への人の流れが良くなり、経済に良い影響をもたらすのではないかともささやかれています。

渋谷のショッピングスポット

渋谷駅から直結していて、帰宅時などのお買い物にも便利な渋谷ヒカリエ。 中高生~大学生などの若者の町というイメージが強い渋谷に、働く女性20代から30代の女性をターゲットとした新しいタイプの複合商業施設です。 東急文化会館の跡地を利用し、建設されました。 ひときは目立つ「渋谷ヒカリエ」は吉野繁氏によるもので、2012年(平成24年)のグッドデザイン賞を受賞しています。 地下3階~地下2階までは、美味しく食べて心も体も美しくをコンセプトとしたウェルネスビューティフードを取りそろえています。 有機野菜のデリや、日本を代表するパティシエが手掛けるスイーツなどが楽しめます。 地下1階~1階にかけては、コスメやビューティグッズを揃えたショップや、エステやマッサージなど心も体も癒されるビューティーゾーンとなっています。 2階~4階にかけては、毎日のキレイを作るファッショングッズをオンとオフに分けライフスタイル別に提案しています。 5階には、クッキング用品やカルチャーグッズなど、趣味に通じる幅広いジャンルのグッズが扱われています。

携帯からでもOK!FAXは24時間受付、1点からでもお気軽にご相談ください