青梅市で家具、家電、オフィス用品、不用品回収をご検討の方へ

不用品回収 青梅市

即日対応OK!! お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで8時から20時までお待ちしております。メール受付は24時間、翌日お電話致します!

価格には自信があります!お問合せ下さい!

青梅市営の粗大ごみ処理と比べて下さい!不用品回収なら片付けレスキュー隊! 法人,個人,格安にて不用品を処分しております! 家電,家具,オフィス家具など!

安さの秘密公開中!

個人のお客様

法人のお客様

お見積り

青梅市のごみについて

青梅市から排出される、燃やせるごみの成分を分析すると驚くことに、なんと5割以上が紙類であることがわかりました。 これは、残飯や食品の廃棄部分などを含む生ゴミの水分を飛ばした状態での分析とはいえ、非常に紙類の占める割合が高いと推測できます。 ダンボールや、雑誌などのいわゆる古紙として回収されるものの分別はできていても、近年資源として回収されるようになった雑紙の分別方法があまり市民に浸透していないことが原因として考えられます。 雑紙とは、アイスのお徳用パックの箱やポッキーなどが入っているお菓子の小さな箱、ティッシュの箱などのことです。 他には、ラッピングや和菓子の包装に使われていた包装紙、カレンダーなどもこれに含みます。 専用の収集場所を作っておかないとつい、可燃ごみとして捨ててしまいがちなものが多いですが、これらを資源として利用するだけでごみを削減でき地球にもお財布に優しくなれます。

青梅市の粗大ごみについて

青梅市では、周辺の市に比べ粗大ゴごみの年間排出量が多めです。 総排出量は多めですが、周辺の市に比べると人口も多めのため一人当たりの粗大ゴミ排出量は、周辺市と大差はないようです。 青梅市は、家庭の一般ゴミの削減を冊子やDVDの貸出などして促進しているので、あわせて粗大ゴミに対してのPRも積極的にしていくとさらに削減できる可能性があるのではないかと思います。 粗大ゴミ処理は、有料ですので、捨てるよりも欲しい人に譲る方がお得です。 良好な状態であれば無料で引き取りをしてくれるリサイクルショップなどもあるので、うまく活用していきたいですね。

作業の流れ

まずはお電話でお問合せ。作業の内容を打ち合わせして時間を決めたらあとは片付け作業員にお任せ下さい!

新着情報 お知らせ・最新ニュース

  青梅市での粗大ゴミ・不用品回収

日本全国の不用品回収&粗大ゴミ、お引越し、お掃除全てお任せください

家電無料処分もいたします。詳しくは料金表ページをご覧ください

青梅市について

青梅地方は多摩川および荒川水系の豊かな水に恵まれ、古くから集落が発展してきました。 中心市街は青梅街道の宿場町として発達しました。 綿織物が盛んで、青梅縞、青梅綿として知られ、第2次世界大戦前まで寝具に使われる生地をを多産していました。 現在では、青梅駅周辺は土地が手狭になってきてしまったので川辺駅周辺など開発が容易である青梅東部で商業が発展し、人口も増加してきています。 そのほかのあまり人の手が加えられていない部分では、豊かな自然が残っており都内でも有数のハイキング・レジャーなど行楽地として毎年たくさんの人が訪れます。

青梅マラソン
毎年2月頃、青梅市(東青梅4丁目西交差点、日本たばこ産業前)をスタート地点に西多摩郡奥多摩町までの区間で開催される青梅マラソン。 昭和42年に青梅市陸上競技協会・報知新聞社主催のもと 「マラソンの普及と強化」を目的とし誰でも参加できる 大衆マラソンとしてスタートしました。 初開催時には、出場者は300名前後でしたが近年では、17.000人もの人が参加する言わずと知れたマラソン大会となっています。 青梅マラソンの公式マスコットである「おうめくん」が、マラソンの様子をレポート、市役所前ではトークショーやサイン会なども催され、ランナーだけではなく観戦者も楽しめるイベントが盛りだくさん。

青梅赤塚不二夫会館

6つ子が主役という今までにない新しい切り口のギャグマンガ「おそ松くん」やハチャメチャな親子を描いた「天才バカボン」などで知られる赤塚富士夫。 その妻の尽力により設立された青梅赤塚不二夫会館が所在します。 館内には幼少時、漫画家になることを決意させるきっかけとなった映画「駅馬車」の看板も飾られています。 赤塚が胸躍らせながら観た映画黄金時期を彩る傑作が立ち並ぶ楽しい街並みが再現されています。 赤塚キャラ100人が走り抜ける、青梅マラスンのイラストや、原稿展示が100点以上もあります。 昭和の懐かしい雰囲気の中、赤塚ワールドへと出かけてみましょう!

青梅市ってこんなところ

JR青梅線青梅駅から徒歩15分ほどのところに、平将門が建立した持仏の阿弥陀仏を安置し「無量寿院」と称したことに始まると言われている金剛寺があります。 しだれ桜の名所として知られていますが、実はこの金剛寺の中庭に、石柱に囲まれた梅の老木があり、「将門誓いの梅」と呼ばれています。 この梅は、不思議なことに季節が過ぎても黄色くならず、落実まで青いため「青梅(あおうめ)」と称せられ、それが青梅市の名前の由来となったとされています。

不用品回収 都下近くの地域

携帯からでもOK!FAXは24時間受付、1点からでもお気軽にご相談ください