港区で家具、家電、オフィス用品、不用品回収をご検討の方へ

不用品回収 港区

即日対応OK!! お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで8時から20時までお待ちしております。メール受付は24時間、翌日お電話致します!

価格には自信があります!お問合せ下さい!

港区営の粗大ごみ処理と比べて下さい!不用品回収なら片付けレスキュー隊! 法人,個人,格安にて不用品を処分しております! 家電,家具,オフィス家具など!

安さの秘密公開中!

個人のお客様

法人のお客様

お見積り

港区のごみについて

港区から排出される家庭ごみは、厨芥類がもっとも多く4割近くを占めます。 次いで多いのが、紙類で3割程度となっています。 近年、ペットボトルやプラスチックパッケージの商品が増えた影響もあり数年前に比べるとプラスチック系のごみの割合が高くなってきています。 これに伴い、港区では平成20年ころからプラスチック等の有効活用を図るために、プラスチックの資源回収を始めました。 港区では、排出されるゴミのデータを細かく分析し、大切な資源を有効活用できるよう工夫をしています。 港区の家庭ごみは、可燃ごみ週2回、不燃ごみ月2回、資源ゴミ週1回の頻度で回収されます。 区内には約10,000か所の集積所があります。 集積所を利用している、近隣住民同士で清掃や防鳥ネットなどを使用し、清潔かつ快適に保つよう努力がされています。 ゴミの分別方法や、収集日を記載したガイドブックを区役所、各地区総合支所やいきいきプラザ等で配布しています。 港区は、外資系企業や外国人居住者が多いため、多様な言語で表記されたガイドブックが用意されています。

港区の粗大ごみについて

港区では、家庭で不要になった木製家具などをリサイクルに出すよう促しています。 状態の良い良質なものは、区が無料で引き取り品川埠頭にある「港資源センター」へ運ばれます。 そこで、リサイクル展に展示し、希望者の中から抽選で、無料で提供されます。 港区では、家庭からの粗大ゴミを処分する際には有料となります。 リサイクルに出せば、処分料もかからず地球環境にも優しく一石二鳥です。

作業の流れ

まずはお電話でお問合せ。作業の内容を打ち合わせして時間を決めたらあとは片付け作業員にお任せ下さい!

新着情報 お知らせ・最新ニュース

  港区の皆様へ

日本全国の不用品回収&粗大ゴミ、お引越し、お掃除全てお任せください

家電無料処分もいたします。詳しくは料金表ページをご覧ください

港区について

日本のビジネスの中心とも言える港区。 多くの企業が本社を港区に構え、経済活動が非常に活発な区であります。 また、港区は地域によってさまざまな表情をもっています。 虎ノ門、新橋、芝はオフィス街として活発であり、青山、赤坂はオフィス街としてだけではなく、ショッピングや食事も楽しめる街であり、麻布白金などの高級住宅地もあります。汐留、お台場などの大規模開発地区も持っています。 高層ビルが立ち並ぶ中にも、東宮御所・迎賓館などの豊かな自然環境もあります。 駐日大使館や外資系企業も数多く立地しており、外国人居住者も多く人口の約1割を占めています。 また、お台場、六本木は海外からの観光客も多いため 居住人口だけではなく、訪問人口としても外国人が大半を占めいます。 港区はさまざまな文化や交流、さまざまな表情をもったインターナショナルな区でもあります。

港区のデートスポット

港区には、デートスポットとして人気の高いお台場があります。 お台場周辺へのアクアセスは2通りあります。 東京都港区の新橋駅から江東区の豊洲駅までを結ぶモノレールゆりかもめで「お台場海浜公園」で下車。 あるいは、東京都江東区の新木場駅と東京都品川区の大崎駅を結ぶ東京臨海高速鉄道りんかい線で「東京テレポート駅」で下車します。 まず、お台場を歩くと1番目につくのは球体の展望台が、ユニークなフジテレビです。 フジテレビのあの丸い球体が浮かんだような、近未来的な設計は世界的に有名な丹下健三によるものです。 丹下健三は、東京の代表的な建物の多くを建築しており、有楽町駅に所在していた旧都庁舎から、新宿移転後に設計された新都庁舎も手掛けています。 夜には美しい光を放つパレットタウンの大観覧車も、非常に目をひきます。 ダイバーシティ東京 プラザの入り口では、実物大のガンダムが迎えてくれます。 ガンダムの背後のモニターでは、ガンダムの名シーンが流れ多くのファンを引き付けています。 近年では、海外からの旅行者が必ず訪れスポットとして人気を博しています。

港区の観光名所

東京に訪れたら、必ず一度は訪れたい名所東京タワー。 東京タワーは港区芝公園に位置し、赤羽橋駅 、神谷町駅 、御成門駅 などから徒歩で5~10分ほどです。 東京タワーの正式名所は、日本電波塔といい日本一高い建造物として知られていました。 夜には淡い暖かい光を放ち、見物にくるカップルなどで賑わいます。 消灯の瞬間をカップルでみると2人は幸せになれるという言い伝えもあります。 この美しい赤い光ですが、定かではありませんが夏と冬では色味が違うようです。 夏には、赤味が強すぎると暑苦しい印象になってしまうので青味の強い赤色を使用。 冬には、青味が強いと寒い気持ちになってしまうので、眺めていて暖かい気持ちになれるようにと赤味の強いライトを使用しているそうです。 また、祝日やリボンの日などイベントには、ピンクや緑、ライトでハート型を描くなどスペシャルバージョンが登場します。 スカイツリーとは一味違う、暖かな光を放ち今もなお多くの人に愛されています。

港区ってこんなところ

大きなビルや商業施設が建ち並び、夜にはライトアップされきらびやかなイメージが多い港区ですが、旧芝離宮恩賜庭園や芝公園など豊かな自然に触れられるスポットもあります。 都営地下鉄三田線「芝公園」から徒歩2分ほどのところに、増上寺を中心とした芝公園が所在します。 実は、芝公園は都内でも上野恩賜公園などと並ぶ歴史の深い公園であります。 東京タワーを正面に望む散策路が、園内の東側にあります。 素敵な景色を眺めながら散策ができるため、デートスポットやロケ地として人気が高いです。 園内には野球やテニスができるグランドもあり休日にはスポーツを楽しむ人々で賑わいます。 平日は、周辺オフィスの会社員の休憩所やランチの憩いの場所となります。

携帯からでもOK!FAXは24時間受付、1点からでもお気軽にご相談ください