狛江市で家具、家電、オフィス用品、不用品回収をご検討の方へ

不用品回収 狛江市

即日対応OK!! お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで8時から20時までお待ちしております。メール受付は24時間、翌日お電話致します!

価格には自信があります!お問合せ下さい!

狛江市営の粗大ごみ処理と比べて下さい!不用品回収なら片付けレスキュー隊! 法人,個人,格安にて不用品を処分しております! 家電,家具,オフィス家具など!

安さの秘密公開中!

個人のお客様

法人のお客様

お見積り

狛江市のごみについて

狛江市では、可燃ごみ、不燃ごみともに有料ですが、可燃ごみのなかでも唯一無料で回収されるものがあります。 落ち葉や下草は、1回3袋までは燃やせるごみの日に無料で収集しています。 町の美しい外観や自然を守るため、このような特別ルールが設定されているようです。 6袋以上のごみを一度に出す場合には、事前に連絡が必要となります。 狛江市は、ごみ減量を市民に意識し向き合ってもらうため「ごみ半減新聞」を発行し、現状を報告しています。 可燃ごみは、第1・4週が週2回、第2・3週は週1回、不燃ごみは月2回資源ゴミは週1回のペースで回収されています。

狛江市の粗大ごみについて

狛江市の粗大ゴミの定義は、他の市や23区に比べ少し大きめサイズです。 1辺がおおむね50cm以上のものが粗大ゴミとし区別されるそうです。 粗大ゴミシールは、300円、500円、1000円と3種類用意があり、料金に応じて必要な枚数を粗大ゴミに貼付し出します。 1回で回収可能な粗大ゴミは、7点までです。 粗大ゴミシールは、コンビニスーパーのほかに酒屋、ドラッグストアでも販売されています。

作業の流れ

まずはお電話でお問合せ。作業の内容を打ち合わせして時間を決めたらあとは片付け作業員にお任せ下さい!

新着情報 お知らせ・最新ニュース

  狛江市の皆様へ

日本全国の不用品回収&粗大ゴミ、お引越し、お掃除全てお任せください

家電無料処分もいたします。詳しくは料金表ページをご覧ください

狛江市について

江戸時代の農家を保存し、古民家や当時の暮らしぶりなど歴史にふれることのできるみから民家園。 楽しく遊びながら、昔の生活にふれることのできる体験コースなども充実しており、子供はもちろん大人までとても勉強になります。 「むいから民家園」のむいからとは、「麦から」という言葉がなまったもので、狛江市では麦わらの屋根が多かったため、「むいから民家園」と呼ばれるようになりました。 古民家、庭で遊んだり、縁側でのんびりしたり古風な雰囲気につつまれながらのんびりとした時間を過ごすことができます。 狛江市民はもちろん、観光に訪れる外国人にも憩いの場として愛されています。

狛江市は読めない人が多い

狛江市はこまえしと読みます。案外読めない人が多いらしいです。狛江の狛という字は狛犬の狛。 神社の社殿の前面におく、獅子ししに似た阿あ・吽うん一対の向かいあっている獣の像。魔除けのためといわれる。からいぬ。 オオカミに似た獣の名。また、それをかたどった石像。 [国訓]こま。犬の形を石や銅でつくり、神社の前にすえておくもの。

狛江市は水と光の住宅都市

多摩川中流左岸に位置し、豊かな自然に囲まれ、多摩川の流れとともに歩みつづけ「水と光の住宅都市」を目指し、発展してきました。 東京都の市では、最も面積が小さい都市です。 狛江古墳群といわれる古墳群があります。 昭和26年より狛江古墳群の中でも最大級のカメ塚古墳の発掘調査がされました。亀塚古墳は帆立貝形前方後円墳で、中からは「神人歌舞画像鏡」という中国製の鏡と、龍やキリンの図像が彫刻された金銅製毛彫金具などの副葬品が出土しました。 関東の古墳時代中期(5世紀頃)の標式遺跡和泉遺跡の所在地としても知られています。

狛江市ってこんなところ

狛江市は、東京都下の多摩丘陵の東南端多摩川沿岸に位置します。  市の南を流れる多摩川の川底からハマグリの群れが化石となって発見されたことから、昔は当市一円に潮が差し込んだ多摩川の河口であったことが証明されています。 多摩川周辺には、今も豊かな緑と自然が多く残されており、キンクロハジロ、アメリカヒドリ、ヒドリガモ、ヒドリガモなど多くの野鳥がのびのびと自然の中で生活しています。 野鳥にとっては、都内では貴重な生息と憩いの場となっています。

携帯からでもOK!FAXは24時間受付、1点からでもお気軽にご相談ください