葛飾区で家具、家電、オフィス用品、不用品回収をご検討の方へ

不用品回収 葛飾区

即日対応OK!! お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで8時から20時までお待ちしております。メール受付は24時間、翌日お電話致します!

価格には自信があります!お問合せ下さい!

葛飾区営の粗大ごみ処理と比べて下さい!不用品回収なら片付けレスキュー隊! 法人,個人,格安にて不用品を処分しております! 家電,家具,オフィス家具など!

安さの秘密公開中!

個人のお客様

法人のお客様

お見積り

葛飾区のごみについて

葛飾区にはごみ減量、リデュース、リユース、リサイクルの3Rを大人から子供まで多くの人にアピールすることを目的としたゆるキャラのりー(Ree)ちゃんがいます。 りー(Ree)ちゃんは白くて、ウサギのようなイメージですが、実はごみ袋をモチーフにしたキャラクターです。 名前は、区民の方からの公募できまったそうです。 「ごみ減量・清掃フェアかつしか」や区長と会談したりとゴミ減量活動にいそしんでいます。 葛飾区ではオリジナル再生品もしています。 パッケージにはりー(Ree)ちゃんが描かれています。 販売協力店を集うなどして、リサイクル活動に意欲的に取り組んでいます。

葛飾区の粗大ごみについて

葛飾区の粗大ゴミ持ち込みステーションの近くには、葛飾清掃工場があります。 清掃工場で、発生した熱は水元学び交流館・いこいの家・水元体育館で有効利用されています。 粗大ゴミの回収は、有料ですが持ち込む場合は処理費用のみで済むためから半額程度の値段で処理が可能です。 料金は、品目や寸法によって変わります。 予約時に、品目サイズを伝えると料金を提示してくれます。

作業の流れ

まずはお電話でお問合せ。作業の内容を打ち合わせして時間を決めたらあとは片付け作業員にお任せ下さい!

新着情報 お知らせ・最新ニュース

  葛飾区にお住まいの方からのご感想

日本全国の不用品回収&粗大ゴミ、お引越し、お掃除全てお任せください

家電無料処分もいたします。詳しくは料金表ページをご覧ください

葛飾区について

葛飾区は東京23区東部に位置し、東は江戸川を境に千葉県松戸市に、西は足立区・墨田区、南は江戸川区、北は大場川を境として埼玉県八潮市・三郷市にそれぞれ接しています。 23区では珍しく、葛飾区と世田谷区のみ地下鉄が通っていません。 機械メーカーや食品メーカーの本社、工場が多く所在しています。 製造業が盛んであり、下町の雰囲気を残した部分も多くあります。 葛飾区が舞台となった作品は多くあり、男はつらいよやこちら葛飾区亀有公園前派出所など有名作品も多く、広く葛飾の名を知られています。

こちら葛飾区亀有公園前派出所の舞台

葛飾区亀有は、「こちかめ」の名で長く親しまれている秋本治の漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の舞台として知られています。 亀有には、こち亀に登場する人物の銅像が11体も設置されているそうです。 こち亀ファンの間では、この銅像を全て見てまわるという散策コースが密かに人気のようです。 テレビで実写化されことでも話題となり、銅像巡りに訪れる人が増えたという噂もあります。 亀有駅の北口に、亀有公園は実際にあるものの「亀有公園前派出所」という名の交番は、存在しないそうです。 この亀有公園にも、主人公の銅像が設置されいています。 また、マンガにちなみ亀有地区商店会協議会主催による「両さんベーゴマ大会」などのイベントが時折開催されています。 他にも「両さん大声出し大会」など昔ながらの遊びを軸としたイベントが開催されています。 こち亀は、週刊ジャンプに掲載されるマンガの中で最も長く掲載され続けている人気漫画です。 単行本においては、2013年4月の時点では185巻まで刊行され、長い間愛され続けています。

葛飾区郷土と天文の博物館

葛飾区白鳥には、「葛飾区郷土と天文の博物館」があります。 古代以来「葛飾郡」の地にある郷土かつしかは、正倉院文書である「下総国葛飾郡大島郷戸籍」にも登場し、長い間農村地帯として発展してきました。 しかし近代に入ると、関東大震災および第2次世界大戦を契機に急激な都市化の進行により、私たちの祖先の貴重な生活の証しである歴史遺産が日々失われつつあります。また一方では、太古から人類が抱き続けてきた宇宙への夢が実現されつつある現在、正確な宇宙観をはぐくむ科学教育が強く要請されています。 葛飾区郷土と天文の博物館は、こうした郷土かつしかの自然と人間の歴史や、宇宙を身近なものとして体験する「場」とするために建設されました。当館は、かつしからしさのある地域文化の一層の発展と、未来のかつしかを創造する拠点となる施設をめざし設立されたものです。 プラネタリウムがあり、すべてオリジナルで生解説をしてくれるそうです。

葛飾が舞台の映画

フーテンの寅こと車寅次郎が何かの拍子に故郷の葛飾柴又に戻ってきては何かと大騒動を起こす人情喜劇シリーズ『男はつらいよ』。 葛飾柴又は、この寅さんの故郷でもあることで広く知られています。 柴又には、寅さん記念館があり舞台ともなる団子屋「くるまや」のセットをはじめ、実物資料や模型、映像で「男はつらいよ」と寅さんの世界を味わうことができます。 中に足を踏み入れると、寅さんの名セリフや、柴又の人々の笑い声が聞こえてくるようです。 映画にいつも出てくる茶の間の団らんシーンや、店先で起こる騒動を思い出されます。 タコ社長の経営する活版印刷工場を再現した「朝日印刷所」などもあり、見ごたえたっぷりの記念館です。 記念館を出たあとは柴又の町を散策するのも楽しみのひとつです。

携帯からでもOK!FAXは24時間受付、1点からでもお気軽にご相談ください