福生市で家具、家電、オフィス用品、不用品回収をご検討の方へ

不用品回収 福生市

即日対応OK!! お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで8時から20時までお待ちしております。メール受付は24時間、翌日お電話致します!

価格には自信があります!お問合せ下さい!

福生市営の粗大ごみ処理と比べて下さい!不用品回収なら片付けレスキュー隊! 法人,個人,格安にて不用品を処分しております! 家電,家具,オフィス家具など!

安さの秘密公開中!

個人のお客様

法人のお客様

お見積り

福生市のごみについて

東京都23区、市での可燃ごみの収集ペースは、平均週2回ですが、福生市では週に3回収集しています。 可燃ごみとは、貝類の貝殻や、さんまのほね、手羽先の骨など食すことのできない生ゴミや、しょうがや豆板醤のチューブなど汚れの落ちないプラスチック製品、掃除に使用したクイックルワイパーやウェットティッシュなどの衛生上焼却処分が必要な紙類などを指します。 これらは、福生市のマークが描かれた水色の指定ゴミ袋で出します。 袋は、10枚で600円、これ以外の袋で出された場合は収集されません。 1袋のごみを捨てるのに60円かかるということです。 家族が多い家庭だと、1回に4,5袋出すこともあると思います。 1回のゴミ捨てで300円、週3回が4週あるとして12回、月3600円もかかることになります。 大変な出費です。 さらに、欠けて使えなくなってしまったコップや電球、ストレートアイロンやコテなどの小さな家電は不燃ごみとして区別されます。 不燃ごみも、市指定の有料ごみぶくろで出さなければなりません。価格は、可燃ごみと同じです。 可燃ごみは、さほど出ないにしても一月ごみに4000円も支払っていたら家計は大変です。 生ゴミの水分をよく切ったり、なるべくごみを出さない調理法や料理を研究してごみを減らす努力が必要です。

福生市の粗大ごみについて

福生市では粗大ゴミの収集は、有料です。 家電や家具など、最近では大量生産大量消費のため保障がついていなかったり、壊れてしまうと直す方がお金がかかたりしてしまうことがあります。 このため、すぐに新しいものに買い替えてしまう傾向があります。 しかし、実は粗大ゴミを処分するのにも費用がかかります。 処理費用プラス新商品購入費用と修理にかかる費用ではどちらが安価なのでしょうか。 そして、どちらが地球に優しいでしょうか。 修理には、ものにもよりますが主に人の手が加えられるだけで治る場合があります。 しかし、新しい商品を買うとなると不要となったものを焼却処理などが必要となりたくさんの二酸化炭素を排出することになります。 また新商品の製造に関しても同じことが言えます。工場で大量のエネルギーを使うため、けして地球にやさしいとは言えないのではないでしょうか。 多少壊れていてもリサイクルショップで引き取ってくれることもありますので 捨てる前に、もう一度考えてみてください。

作業の流れ

まずはお電話でお問合せ。作業の内容を打ち合わせして時間を決めたらあとは片付け作業員にお任せ下さい!

新着情報 お知らせ・最新ニュース

  福生市の皆様へ

日本全国の不用品回収&粗大ゴミ、お引越し、お掃除全てお任せください

家電無料処分もいたします。詳しくは料金表ページをご覧ください

福生市について

福生市は都心から西へ40km、人口約60,000人の都市です。 在日アメリカ軍横田基地が市域東側にあり、外国人比率も高い市であります。 夏には、横田基地日米交友際(横田フェスティバル)や、福生七夕まつりなど様々な形で交流が行われています。 福生の歴史を大事にしながらも、異国情緒ある雰囲気もあり、表情豊かな市です。 福生市の不用品回収なら是非片付けレスキュー隊にお任せ下さい!!

福生市の七夕

福生市では、古い歴史を誇る七夕祭りが毎年開催されています。 旧暦7月7日の一か月遅れである新暦8月7日を中心とした、木曜日から日曜日までの4日間開催される東京都内有数の七夕祭りです。 福生駅西口を中心に毎年開催され、40万人もの人が訪れます。 福生の商店街のお店が工夫を凝らし丹精込めて作り上げた、色とりどりの七夕飾りが、美しく会場を彩ります。 飾り付けのコンテストも開催され、福生商店街のお店が切磋琢磨し素晴らしい七夕飾りを作り、ひとつひとつが七夕祭りの雰囲気を盛り上げる飾りとして輝いています。 場所によっては通りをふさぐほどの七夕飾りに覆い尽くされています。

青梅線と福生市

JR青目線、西武拝島線「拝島駅」南口より歩いて12分、JR五日市線「熊川駅」より歩いて8分ほどのところに、福生市で長い歴史を持つ神社があります。 東京都指定有形文化財および福生市登録有形文化財に指定されている熊川神社本殿です。 平安時代の初期に地元の豪族が弁財天をまつったのが始まりとされています。 その後、中世には大黒点をまつり、すべての神様をまつったといわれています。 福生市内では最古の木造建築であります。 熊川神社内だけで、七つの福神(七福神)を拝むことのできる都内でも数少ない、歴史ある神社です。 福生十景にも選ばれています。

福が生まれる福生

「福が生まれる福生」がキャッチコピーです。 福生という名の由来は、諸説あります。 一つは、麻の古語である総(ふさ)・房(ふさ)からきたもので、麻の生える地-総生(ふさふ)から転訛を繰り返してフッサとなり、漢字を当てたとする説。 二つ目はアイヌ語説で、かつて東日本に住んでいたと考えられるアイヌ人が「湖のほとり」という意味の「フッチャ」が転訛を繰り返してフッサとなり、漢字を当てたとする説です。市内の遺跡地周辺に素晴らしい湧水がありました。 三つ目は、「阜沙(ふさ)」からきたとする説。阜とは丘とか土山の意で、沙とは砂原、川岸の意があり、福生の地形や地質がそれによくあっていることから呼ぶようになったという説。

不用品回収 都下近くの地域

携帯からでもOK!FAXは24時間受付、1点からでもお気軽にご相談ください