中央区で家具、家電、オフィス用品、不用品回収をご検討の方へ

不用品回収 中央区

即日対応OK!! お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで8時から20時までお待ちしております。メール受付は24時間、翌日お電話致します!

価格には自信があります!お問合せ下さい!

中央区営の粗大ごみ処理と比べて下さい!不用品回収なら片付けレスキュー隊! 法人,個人,格安にて不用品を処分しております! 家電,家具,オフィス家具など!

安さの秘密公開中!

個人のお客様

法人のお客様

お見積り

中央区のごみについて

中央区には、日本橋、八重洲、銀座といった街があり、オフィス街として栄える一方、築地、月島などの東京の職の中心ともいえる街もあります。 このため、オフィス街では紙の事業系ごみが多く排出されます。 従来では、ごみとして分類されていたた雑紙、感熱紙、シュレッダーごみ、機密文書等も再生利用が進んでいますが、資源としての認識が低くゴミとして処理されることが多々あります。 事業者に対し、情報提供を行い貴重な資源をリサイクルできるよう推進しています。 中央区の家庭ごみは、可燃ごみ週2回、不燃ごみ月2回、資源ゴミ週1回の頻度で回収されます。

中央区の粗大ごみについて

中央区では、粗大ゴミの回収、処理を有料で受け付けていますが、捨ててしまうのではなく、リサイクルし必要としている人に届ける活動も行っていいます。 「リサイクルハウスかざぐるま明石町」「リサイクルハウスかざぐるま箱崎町」をリサイクルを日常的に取り組める場所として、運営しています。 またリサイクルハウスで扱えない、高価なものや寸法が大きなもを対象に、区のwebサイトで掲示板を設けるなどし、リサイクルに努めています。

作業の流れ

まずはお電話でお問合せ。作業の内容を打ち合わせして時間を決めたらあとは片付け作業員にお任せ下さい!

新着情報 お知らせ・最新ニュース

  中央区の皆様へ

日本全国の不用品回収&粗大ゴミ、お引越し、お掃除全てお任せください

家電無料処分もいたします。詳しくは料金表ページをご覧ください

中央区について

中央区内には、日本橋、八重洲、築地、月島、銀座などがの町があり、東京の都心を構成する区の1つでもあります。 日本橋、銀座などの大きなオフィス街があるため、商業地域としての特色が強くあります。 高層ビルが多く、住宅としても高層マンションや公営住宅、団地などの集合住宅が大半を占めています。 純粋な住宅街は少なく、定住人口は少なめです。 しかし大企業の本社やオフィスが多く、日本一のショッピングストリートともいえる「銀座」、食文化の拠点「築地」、 江戸の文化を味わえる情緒ある「歌舞伎座」など魅力的なスポットが多く集結しているので、日中の人口は夜間の5,6倍程度にもなります。 23区内では、2番目に小さい区でありながらも、日中は1日50万人近くもの出入りがあります。

中央区の歌舞伎座

東京地下鉄日比谷線・都営地下鉄浅草線「東銀座駅」の階段を上りすぐのところに、歌舞伎座があります。 歌舞伎専用の劇場で、日本を代表する歌舞伎劇場として知られています。 伝統の日本文化に触れられる歌舞伎座は、海外からの旅行者も多く訪れます。 演劇中にわかりやすいことばで解説してくれる音声ガイドも日本語版だけではなく英語版なども用意されています。 このため、歌舞伎初心者や海外の方でも気軽に楽しめます。 劇場では、お食事どころも用意され幕の内弁当などが販売されています。 観劇しながらのお食事を楽しむこともできるそうです。 日本人であれば、一度なら行ってみたいスポットです。

中央区の築地場外市場

中央区には、東京の台所とも言われる「築地場外市場」があります。 築地市場は、都内に11ある市場の中で最も古く歴史の深い市場として知られており、 築地の鮮魚や青果物は、都内だけではなく関東近県までに及び、水産物に関しては世界最大級の取扱規模であると言われています。 実は、広さは大田市場よりせまいそうです。 しかしながら、取引金額は大田市場より大きく日本を代表する卸売市場と言えます。 市場周辺には、鮮魚を破格で味わえる海鮮丼屋さんや、お寿司屋さん、築地で働く方の力となるお肉たっぷりのスタミナご飯など様々な飲食店に囲まれています。 新鮮な食材を食べ歩きできる築地は、多くの人でにぎわいを見せています。 味自慢の卵焼き屋さんが連なることでも有名で、食べ比べを楽しめます。 近くには、築地本願寺もあり周辺を散策しながらたくさんの歴史にふれることもできます。

京橋のブリヂストン美術館

京橋に西洋美術、日本近代美術を中心とした私立美術館「ブリヂストン美術館」があります。 ブリヂストン創業者の実業家石橋正二郎が収集した、美術品の数々を展示するため設立されました。 はじめは、趣味で収集しているものでしたが第二次世界大戦後に本格的に収集をはじめ、まとめて多くの美術品を収集しました。 美術館開館までのわずか数年間に日本有数の西洋美術コレクションとなりました。 今では、ルノワール、レンブラント・ファン・レイン、カミーユ・ピサロなど多くの著名人によって生み出された美術品が展示されています。 さまざまなテーマの特別展の開催、講演会や各種教育プログラムの実施、書籍の刊行などの活動もしています。

携帯からでもOK!FAXは24時間受付、1点からでもお気軽にご相談ください