荒川区で家具、家電、オフィス用品、不用品回収をご検討の方へ

不用品回収 荒川区

即日対応OK!! お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで8時から20時までお待ちしております。メール受付は24時間、翌日お電話致します!

価格には自信があります!お問合せ下さい!

荒川区営の粗大ごみ処理と比べて下さい!不用品回収なら片付けレスキュー隊! 法人,個人,格安にて不用品を処分しております! 家電,家具,オフィス家具など!

安さの秘密公開中!

個人のお客様

法人のお客様

お見積り

荒川区のごみについて

荒川区の一部の調査では、可燃ごみへの資源ごみ混入の割合が8.9%にも達しています。 荒川区の可燃ごみは、年間でおおよそ4万3000トンほどなので、約3827tもの資源が可燃ごみに混入していると考えられます。 主に、古紙・雑紙がその多くを占めているといわれています。 確かに、リサイクルできる紙類とリサイクルできない紙類への分別は非常に難しいし、あまり知られていないかもしれません。 ここで少し、分別方法をご紹介しようと思います。 古紙は、新聞・織り込みチラシ、本・雑誌・カタログ、ダンボール、牛乳パック等を指します。 これらは、リサイクル可能なため資源集団回収へ持って行けます。 実は古紙とは別に、雑紙という分類が存在し、これらもリサイクル可能です。 雑紙とは包装紙、紙袋、お菓子やティッシュのパッケージの紙箱などを指します。 これ以外の使用済みのティッシュや、いファックス用紙レシート、カップ麺のふたなどはリサイクルできなため可燃ごみとして分類されます。

荒川区の粗大ごみについて

家庭からのゴミにだされることはまれですが、実は一斗缶は資源ゴミには分類されません。 荒川区では、粗大ゴミとして分類されています。 粗大ゴミは、1辺が30cm以上のものでソファやテーブル、机などの家具や本棚や食器戸棚などの大型のごみを指します。 粗大ゴミの処分を区に依頼する場合、費用がかかります。 パソコンは粗大ゴミには含まれません。しかし、ワープロは資源有効利用促進法に含まれないため粗大ゴミとして回収可能です。

作業の流れ

まずはお電話でお問合せ。作業の内容を打ち合わせして時間を決めたらあとは片付け作業員にお任せ下さい!

新着情報 お知らせ・最新ニュース

  荒川区の皆様へ

日本全国の不用品回収&粗大ゴミ、お引越し、お掃除全てお任せください

家電無料処分もいたします。詳しくは料金表ページをご覧ください

荒川区について

東京23区の中央からやや北東に位置しています。 最近では珍しく、現在では唯一の路面電車となった都電荒川線が走っています。 三ノ輪橋駅、荒川一中前駅、荒川区役所前駅、荒川二丁目駅、荒川七丁目駅、町屋駅前駅、町屋二丁目駅、東尾久三丁目駅、熊野前駅、宮ノ前駅、小台駅、荒川遊園地前駅 、荒川車庫前駅などが荒川区に位置しています。 最近開通した、舎人ライナーも乗り入れており日暮里駅、西日暮里駅、赤土小学校前駅、熊野前駅などが区内に所在しています。 交通の利便性もあがり、大規模なマンションの建設が多く進められている為、若いファミリー層を中心とした人工増加がみられます。 上野の近くに位置する為、下町としての特色を強く残すところも多くあります。 また、西新井大師など神社やお寺などが多く所在しています。

日暮里駅の周辺

荒川区にはJR東日本の駅、日暮里駅が所在しています。 日暮里には、多くの生地問屋やアパレル関係の小物を販売する問屋が軒を連ねる「繊維街」があります。 日暮里駅周辺には、下着や洋服などを安価で販売する店舗も多く見られます。 トレンドを取り入れた商品を安価で扱うお店などもあり、店内は地元の高校生や学生などでにぎわっています。 また、アパレル関係の会社の本社などが所在することでも広く知られています。 日本製のジーンズを製造するエドウィンEDWINの本社も日暮里駅から徒歩3分ほどのところに所在しています。 ファション関係の学生ならば、一度は訪れたことのある町ではないでしょうか。 近年、日暮里舎人ライナーや成田エクスプレスなどが開通したこともあり、駅周辺の大型集合施設の開発や、駅舎の改築などが進められてきました。

荒川区の路面電車

東京都荒川区南千住一丁目の三ノ輪橋駅から同新宿区西早稲田一丁目の早稲田駅までを結ぶ路面電車。 今では、なかなか見られない路面電車が荒川区には今もなお残っています。 荒川線といい、どこか懐かしい気持ちにさせてくれる路面電車です。 荒川線の停車駅の名前でちょっと変わった名前の駅名があります。 「町谷駅前駅」です。千代田線町谷駅のすぐ近くにある荒川線の駅の名です。 バス停だと○○駅前という、名は多くありますが、電車の駅名で他の駅の前という表現はなかなか珍しく感じます。 路面電車は、バスと電車の中間的な乗り物でどちらかというとバス的な要素が大きいため乗り換えの際にわかりやすいよう、こういったネーミングの駅があるようです。

荒川遊園地ってこんなところ

道路上に敷かれた線路を走る都電荒川線、「荒川遊園地前」で下車し3分ほど歩いたところに荒川区が運営する「あらかわ遊園」があります。 東京23区内では、唯一の公営遊園地です。 低年齢層の子供が楽しめる施設や、アトラクションが多くあります。 入園料は、100円から200円、乗り物チケットに関しても1台あたり100円ほどと低価格で楽しめるのも魅力のひとつです。 動物とのふれあい広場や、自由に遊びまわれる芝生広場などもあり動物や、自然に触れながら楽しく遊ぶことができます。 園内には釣り堀もあり、釣り好きのお父さんも楽しめます。 節約しつつ十分に楽しめる、スポットとして家族連れに人気があるようです。

携帯からでもOK!FAXは24時間受付、1点からでもお気軽にご相談ください